下手でもいいんじゃない

将棋で遊んでいる人のブログです
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 24R戦 vs 右四間飛車TOP右四間飛車 ≫ 24R戦 vs 右四間飛車

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

24R戦 vs 右四間飛車

今月1局目でした。
もう8日か、12月って時間がたつのが速いな。

今回相手が右四間で、作った定跡どおりさせてたんですが△5四歩と突いてある形はそれほどしらべてなかった。
最後まで組んでみると攻め方がわからない。
あれおかしいな? ってなってしまいました、
右四間はカウンターが鋭くないとうまく組んでも負けるんですよね~、、


<24R戦 vs 右四間飛車> 








図1.
2016-12-08b.png
攻め方がわからなくて飛車を寄ったところ、攻められればこちらが勝つと思い手待ちをした、しかし右四間は攻め方が簡単なのに受けるほうは間違えちゃいけないぶん実力が同じ人間だと不利。 考えが間違ってた。


図2.
2016-12-08e.png
本譜5六歩、これが緩手。 ここで歩を打って追い返すのがわたしの中の定跡でうまくいってるとおもってた。 しかし、相手に1歩もたれてるため▲3七桂と跳ねにくくなってしまった。

▲7五歩が反撃の良い手。 ここで△5六歩をうたれても▲同銀△同銀▲同金が先手有利、
受けの手は桂を見捨てるほか無く、桂頭を狙って一気に決戦にもちこめてその場合先手優勢。
△5四歩△4四銀型の定跡として覚えておこう。


図3.
2016-12-08c.png
いつもこの歩を取ってしまう間違いをする。 たいていとっちゃいけない、いい加減覚えよう。
反撃の手段は▲3五歩、わざわざ飛車を寄ったのに全然活かせなかった、最大の反省点。
この歩を取ったため△7七歩が生じて攻めが続き負け。


<感想>
図3はいつもの間違い。  これを無くさないとな~、、 どうやったら治るやら。
居飛車は同じ戦型と対局することが少ないから忘れちゃうんだよね。
右四間飛車 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。