下手でもいいんじゃない

将棋で遊んでいる人のブログです
2016年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2016年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年09月
ARCHIVE ≫ 2016年09月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2016年09月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

24R戦 vs 矢倉

矢倉はまだまだがんばって研究しなきゃいけないことが多くて、早囲いをしないと決めたけど相手が早囲いに来たときorわたしが後手持ちのときは▲4六角(△6四角)と出て牽制しようとおもっていて
だけど相手も△6四角としてきたら脇システムになっちゃうんですよね。
そうするとその定跡がまたわからないわけで、手探り。
今回はそれになりました。


<24R戦 vs 力戦>  反転版








図1.
2016-09-28b.png
矢倉の先手を放棄してきたのでわたしから仕掛けた、読みで当然▲9七香と打ってくるのはわかってたけど引けなくなってしまったところ。 激指によると▲9七香△同飛成▲同桂 は互角。 何度かここを調べていて互角だったなという覚えはあったのでやるしかなかった。 △9六歩▲同銀としてきたところは今後の課題。


図2.
2016-09-28c.png
相手はこちらの攻めを切らしにかかってきたけど△4九角打で攻めを続けることができた、図2から△2七角成だけど
ソフト推奨は△5八銀打 ▲6八金なら△6九銀成で王手飛車 なので▲4九飛△同銀 しらべてると角と銀打の組み合わせがよく出てくるので覚えておきたいろころ。


図3.
2016-09-28d.png
自慢の一手、△6九角打。 見えてから成立するかどうか残り30秒切ってたけど
△6九角打▲6八玉△7六桂打 が成立するのが見えたので指せた。 詰将棋っぽい手筋。


<感想>
相手は入玉を狙いはしたけど途中でやめたような指し方をしたような、方針を変えてくれて助かった。
小駒で寄せていく指し方は嫌いじゃないので飛車を切る指し方を研究したら強みの一つになるかも。
今後の課題が多い本譜でした。 気が向いたら研究してみよう。
スポンサーサイト
矢倉 | Comments(0) | Trackbacks(-)

激指4段と飛車落ち

今日から4段と飛車落ち
結果・・・3敗

こんなに強いとは うぐ、ぐはぁ orz
何が違うのかっていうと読みがいちいち深くなってるのかな、
たいていの良さそうに見える手は全部カウンターをくらう。
2枚落ちのときに1段あげるのとはわけが違いますね、
でも最初に▲2二角を打たせてもらえるみたいなのでそのうち勝てるようになるでしょう。



<飛車落ち激指四段> 






飛車落ち | Comments(0) | Trackbacks(-)

24R戦 vs 力戦

▲2五歩まで突いてからの中飛車で、まったく考えてなかったところから始まって。
そのあと飛車を詰めたとおもったらこちらの飛車も詰められて、そのあと両取りを2回もくらってしまった。
まだまだですね。


<24R戦 vs 力戦>  反転版








図1.
2016-09-22a.png
角がつかえなくなるので気にしてはいたけど対策が全然ない。
今回角を引くのが速すぎたきがする、あとでしらべよう。


図2.
2016-09-22b.png
攻める手のスジはあっていたんだけど一回追われてから龍をつくるのではなく△2六飛打つが正しかった。 おしい。


図3.
2016-09-22c.png
悪手。ここから泥仕合。 ▲7五角打をみのがした、さいきんこういう両取りの見逃しってなかったんだけどこんかいここから浮いた駒を取られるのを繰り返して自滅。
それがなければ差を詰めることができたかもしれない。今回の猛反省点


<感想>
図1の形の対策の無さ、図1でこちらの飛車も詰むとはおもってなかったところ図2の両取り、今回は反省が一杯。
とりあえず桂打ちから桂成とったときは両取りを狙われてることが多いのでそこはやらないようにしなくてはね。
力戦 | Comments(0) | Trackbacks(-)

激指3段と飛車落ち

今日あたりで将棋歴3年になりました。
そろそろ趣味将棋って言ってもいいようなきがする。 多分身近なちょっと将棋かじった人と対局すれば無敵。
いまはもうやってないけどやってたときは初段くらいかな~っていうような人と対局してみたいな。

飛車落ちは一昨日と先日で4勝3敗
ついに7番勝負で勝ち越した。(^^)/

駒落ちは棋力を測る物差しとして続けていて、上達するとほんとにいままでより勝てるようになる、
これほどはっきり棋力が測れるってなかなかすごいことなんじゃなかろうか。

あと毎回棋力があがるときって、1段階ポンとあがったあとさらに1段階徐々に上がる気がする。
今回も1段階あがったとき飛車落ちで2勝3敗程度勝てるようになり、24のレートも1100突破して
そのあと上達している感じとともに飛車落ち4勝3敗程度で24のレートも更新中。

棋力があがると定跡の理解がすすんで以前より早く先まで見えるのになれてきて指し手が変わり、それを続けていると定跡がより深く身についてまた徐々に棋力が上がる感じがします。

まぁ、そんな感覚的なことにはとらわれず
ひたすら詰将棋やっとけってことでFAですが。


<飛車落ち激指3段> 






飛車落ち | Comments(0) | Trackbacks(-)

24R戦 vs 四間飛車

△4四銀型の四間飛車はひさしぶり。
1年くらい前にさんざん検討したので定跡の範囲内はうまくさせていたようです。

中盤相手からの速い攻めを防ぎながら手を進める指し方もうまくなってきたようでまたまた最高レート更新(*'▽')
四間飛車に居飛車穴熊は得意だと思ってしまうなw
それにしても、
相手の人、最後の一手に10分20秒も考えてきたんだけどw

<24R戦 vs 四間飛車> 








図1.
2016-09-16a.png
本譜▲3四歩。金銀交換を自分からすすんでするのはあまりよくないかというのと後手は角を動かしたいから自分から△6七銀としてくるはずとよんでいて、それを▲同銀としようという考え。

激指推奨は▲同金△同角としたあと▲6三銀打。 
金銀交換にはなるけど取った銀をすぐ相手の守り駒の金と取り換えられる、見えていたけど考え方が間違っていて指せなかった。
そして結局▲3四歩とすすめた手は角を追っただけであまり役に立ってなかった。


図2.
2016-09-16b.png
この時点で▲7二銀成△同銀▲同角成と突っ込んでも勝てそうだと読んでいたけど一度▲4八飛と逃げてみた。
後手は直線でいくなら△7九銀打だろうけど対局心理としてはこの飛車になにか当ててくると読んだ、もしそうなれば一手伸びるという駆け引き。本譜そのとおりになって余裕勝ち。


図3.
2016-09-16c.png
ここまで読んでいた詰めろだけど、なにか受けがあったら怖いと思っていたので図2の駆け引きで一手稼いだ。
本譜はここから必至にして勝ち。


<感想>
こんかいは△4四銀型の四間飛車でひさしぶりのわりに定跡を覚えていて、▲2六角と回した、その手はとても違和感のある手だったんだけど今回はなんの違和感もなく自然に活かすことができた。上達したもんだ。
四間飛車 | Comments(0) | Trackbacks(-)

24R戦 vs 矢倉

ひさしぶりに矢倉戦で勝てました。
いちおう少し対策を考えていて、
早囲いをしない、右銀のかつようは▲4七銀▲3七桂の形を目指す。

矢倉といっても▲3七銀とか早囲いにするとまったく違った戦いになるというのをわかっていなくて、いままでなんとなくいけそうだから▲3七銀~▲4六銀と歩越し銀にしたあと、相手の△6四角ににらまれてなにもできなくなっていました。
これからはそうならないように遅い攻めでもがっちり決まる攻めを目指そうとおもいます。


<24R戦 vs 矢倉> 








図1.
2016-09-12a.png
前まではここで▲6八玉と早囲いにしていました。今回は▲7八金
いつからかわからないけど早く囲いたくなっている。


図2.
2016-09-12b.png
早囲いをした上で右銀をここで▲3七銀としてたんですがここで▲7九角、最初のころはそういえばこうやってた。
いつから手をかえたのか覚えてない。。。
適当にやってたことを図1、図2で思い知りました。そりゃ矢倉勝てなくなるわけだ。


図3.
2016-09-12c.png
継歩に垂歩を決めて▲4一角打、この角を下手に追うとひどい目にあわせられることを読んである角打ち。
ソフトによるとこの手はあまりよくなかったとのこと、△3三玉の先逃げがなかなか寄らないらしい。 でもそれ以外がほぼ悪手なので結果良手だったんじゃなかろうか。

本譜読みにあった△4二金から寄せ形になって勝ち。


<感想>
いままで相手の手にあわせてやっているつもりだったんだけど相手の手にあわせているつもりが3種類くらいの知りもしない複雑な定跡を気分で選ぶような指し方になっていたようです。
今度から▲4六銀を目指す方向で、さらに△6四角には▲6六歩~▲5七銀~▲6五歩~▲6六銀と出ていく形を目指してみようと思う。

矢倉 | Comments(0) | Trackbacks(-)

激指3段と飛車落ち

本日2勝2敗
いまで互角くらいか。
もう少し消耗しないで勝てるようになったら4段にあげようかな。

やっぱり前回の上達からかなりいい勝負になっていて勝てるときは強い勝ち方になってきた、
負ける時もそれほどわるくなくていっぽうてきにボロボロにされるのではなくてそれなりに反撃できるようになっている。
やっと難度設定がわたしにあっているといえるくらいになったようです。

いろいろ考えると3段が強すぎでした、
定跡ができてくればすぐ勝てるようになるとおもっていたけど間違えでしたね。
もうおそいんだけど( ゚Д゚)


<飛車落ち激指3段> 






飛車落ち | Comments(0) | Trackbacks(-)

24R戦 vs 四間飛車

得意戦法って無いんだけどあえていうなら対抗四間飛車に居飛車穴熊で
初級~中級のころこれで勝ちまくれたから得意な気がしてる。

中級~上級になってからは穴熊に組んでから相手を簡単に潰せず、中盤でねじりあって負けるようになり、
現在に至る。

中級まではどちらかの仕掛けが成功するとそのまま潰れることが多かったんだけど上級から相手が潰れないのでわたしも潰れないようにしないといけなくなった感じがします。


<24R戦 vs 四間飛車> 








図1.
2016-09-08a.png
相手の△2二歩の悪手から飛車先を破るかわりに相手に馬を作られて速度勝負になった。
しかしそのままだと負けると思ったのか銀を引いて守りにつかってきた。
考えてみると上級はそういうところが違う。
相手の防御の駒が増えて攻め駒が足りないと思ったので▲3七桂と盤上の駒を使う選択をしてみました。
このへんわたしも上達してる。 けっきょく跳ねた桂を使うことなくおわったのが反省。


図2.
2016-09-08b.png
△7六桂があるので▲7七歩と先受けをしたところ△8四桂打として△7六桂打を無理やりねじこんでくるような手を考えてるのがみえた。そこでその手を指してくれるなら桂2枚と金か銀の一枚の交換で駒得になるので誘ったけど相手はのらなかった。
そんな駆け引きができるようになってきた。
ここで相手はのってこなかったけど見た目のふつうの手で寄せれば勝ちなので十分とみてすすめて第3図。


図3.
2016-09-08c.png
▲5五馬に悪手の△6四銀、見た目でいけそうな形。
▲6三歩打から仕掛けて勝ち。



<感想>
図2で書いたように駆け引きができているのが大きな上達。
しかもいままでの弱い相手だとすぐに手をすすめてきたところ、相手はのってこなかった。
レート1100あたりで強い相手に阻まれていたんだけど今回の人はその強い人だったと思う、そんな人に実力で勝てたのでものすっごくうれしい、
駆け引きとか・・・・めっちゃ楽しいんですけど!(*'▽')
いや~ついにこんな将棋を指せるようになってきたか。

四間飛車 | Comments(0) | Trackbacks(-)

24R戦 vs 三間飛車

9月最初の対局は負け。
大きな見逃しから互角になって
最後はするどく決められて気持ちよく負けました。



<24R戦 vs 三間飛車> 








図1.
2016-09-05a.png
最悪の見逃し、▲5四歩でおわっていたところを▲1一角成。


図2.
2016-09-05b.png
▲5八金と▲5九歩の底歩を打つことを意識して先にげしたけどこれまた最悪。
逃げるなら▲5九金のほうが相手のト金を呼び寄せなくてすんだ。 



図3.
2016-09-05c.png
完全に負ける局面。
この状況になることを避けなければいけないのが穴熊なんですよね。
再認識しました。


<感想>
図1の悪手から互角の評価値でそこからいろいろと間違えての負け。図1までの序盤は非常によかったですがそこからがひどかった。 図1も図2も勘が働いてはいたので手がありそうな局面ではしっかり探そうと思う。
三間飛車 | Comments(0) | Trackbacks(-)

激指3段と飛車落ち

先日1勝3敗
先週強くなったと感じたけれどふつうに負け越しました(*_*)

ただ、強くなってることは確かだと思う、中盤の指し手がかなり変わりました、
▲2二角打をゆるしてくれる指し方は高確率で勝てるので他の激指が指してくる定跡ができてしまえ勝てるようになると思う。

駒落ち対局はいままで自分の実力を測る物差しにつかっていたけど8か月強くなったと感じられなかったため疑問をもちはじめていました、どうやら実力差がありすぎたため少しの上達ではわからなかったようです。

今回の経験から、激指と駒落ちをやっていれば強くなったかわかるようなのであとはあせらずゆっくりやります。


<飛車落ち激指3段> 






飛車落ち | Comments(0) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。