下手でもいいんじゃない

将棋で遊んでいる人のブログです
2016年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年08月
ARCHIVE ≫ 2016年08月
      

≪ 前月 |  2016年08月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

レート推移8月

勝ち星:●○○○ 1111
今月はたったの4局、原因は趣味の読書。
読み始めるととまらない乱読モードに入っちゃっていてノルマの詰将棋をかたづけてから残った時間は全部読書、ノルマを決めてなければ将棋から離れちゃうところでした。
しかし、ノルマのおかげでしらぬまに上達、最高レートを更新、
考えてみたら理想的なながれです、
好きだし慣れたおかげで負担の少ない毎日の詰将棋と
週1の24対局と飛車落ちソフト対局で上達できるならいうことない。
上達したと感じたのが幻想ってこともありうるので1か月後のレートをみないとわからないから来月も今月と同じノルマでやってみようとおもう。


<月毎のレート推移>
2016年 
 8月  4戦  3勝 1敗 R1079→1111
 7月  5戦  3勝 2敗 R1063→1079
 6月  7戦  3勝 4敗 R1079→1063
 5月 10戦  5勝 5敗 R1078→1079
 4月 11戦  6勝 5敗 R1062→1078
 3月 16戦 12勝 4敗 R932→1062
 2月  4戦  2勝 2敗 R932→932
 1月  3戦  3勝 0敗 R884→932


<年毎のレート推移>
2015年 89戦 59勝 30敗  R418→884
2014年 18戦  9勝  9敗  R423→418
2013年123戦 70勝 53敗  R200→423
スポンサーサイト
レート推移 | Comments(0) | Trackbacks(-)

激指3段と飛車落ち

ついに上達が来たかもしれない( ゚Д゚)

先日 2勝2敗 

それほど勝敗はかわってなくてもいままでと違う勝ち方ができたのがわかる、
あぶなげなく抑え込んでいつもと違うパターンに入ったのに勝ち切っちゃった。
以前と違ったのが速度計算を中盤でしたこと、相手が受けなきゃいけない攻めを組み立てたうえで相手からの攻めとどちらが速いかくらべることができてました。
飛車落ちやりはじめてから8か月、やっと上達したと思えた、最近将棋勉強さぼっていたとはいええらい時間がかかったよ。

原動力はまちがいなく詰将棋の9手詰、やっぱ詰将棋は棋力と直結するのかなぁ、、、
読みの力が上がったなと感じてから2週間ほどして24の最高レート超えた、将棋の上達に効果がありそうなことは詰将棋くらいで対局は週1で24と飛車落ちだけで他にはな~んにもやってない。
詰将棋の上達=棋力UP 
そうではないとおもってたけど条件が整ってれば棋力UPするのかもしれない。


<飛車落ち激指3段> 






飛車落ち | Comments(0) | Trackbacks(-)

24R戦 vs 四間飛車

四間の天敵居飛穴の威力を発揮できたという感じ。
そしてレート1100の壁を破り4か月ぶりに最高レート更新、
あまり将棋してないし、うまくなってないと思ってるのにレート更新できるって不思議。
やっぱ詰将棋が効いてるのかな。


<24R戦 vs 四間飛車> 









図1.
2016-08-25a.png
▲2四歩からの仕掛けは先手にプラス200程度の評価、ただ、これは人間同士だと先手がかなりやりやすい状態だと思う。
自陣は穴熊で飛車先突破、角も生きてる。
ソフトによると後手はここで△4九角打があるとのこと、△4九角▲6八金△5四銀 それで互角。


図2.
2016-08-25b.png
桂を取りながら馬を作って優勢。 ここで飛車をつっこんでしまったのがよくなかった、中盤でよくやるミスで△3二銀▲1一馬△2三歩があって飛車先を突破まではできない、そうすると攻めが重くなって逆転を許してしまう。わたしの悪いパターン。


図3.
2016-08-25c.png
図2から△2三歩を読まずにすすめてどうしようと考えて▲3四飛、
結果よかったけどやっぱり図2からこの局面まで読んでいなければ▲2四飛を指してはいけなかった。


<感想>
図2が悪手にならなかったので勝てたけど見返してみると内容はあまりよくなかった。
相手が 「居飛穴にここまでやられたらなぁ、ハァ、、」って感じであきらめてくれたのが大きい。 
後手が勝つにはすごく大変だったはずだけど粘り強く指されていたらどうなってたかわからない。

ひさしぶりにレート更新、これは将棋熱が沸いてきそうな( ゚Д゚)
四間飛車 | Comments(0) | Trackbacks(-)

24R戦 vs 中飛車

先週の将棋
中飛車相手で2枚銀進出まですんなり組ませてもらえたんだけど
そこから手探り、意外といけてた。

詰め将棋で読みの力が上がってる気がしてて、今回も最後とかかなり速く見切れていたし、
中盤の攻防も読みの力が上がってるせいか少し相手への対応がよくなってる感じがあった。
これは将棋熱たかまる、、、、と、思ってたんだけどそこからまた1週間指さなかったw
まだ小説に夢中(*'▽')


<24R戦 vs 中飛車> 









図1.
2016-08-24a.png
定跡をとりあえず指し終えてどうやるか考えてた。 
中飛車は序盤から暴れてくる人が多くて意外とここまで定跡どおりにすすんだ経験が少ない。
5五地点の枚数をうわまわるために桂を跳ねて角を狙うところまでの駒組を考えていた。


図2.
2016-08-24c.png
▲6一銀打△5一歩打が飛車の効きを止めて▲5二銀成か7二銀成かっていうのがふつうなんだけど▲7五桂がひらめいた。
われながらいい手だった、このへんから遅い攻めをしてしまうのが課題の一つだったので良い悪いは別としてこのタイミングで速い攻めを考えて指せたのは大きい。


図3.
2016-08-24b.png
このあと▲5二龍と突っ込んだところ、そこまでしなくてもよかったと思うけど対局不足と詰将棋ばかりやってたことで突っ込みがちな棋風になってる気がする。
ここで読んでいたのは▲5二龍△同歩▲6二銀△8二玉▲6二銀成が詰めろでほぼ受け無し。
だったんだけど玉の逃げ場所が△6一玉を読んでいなくてそちらだとあやしいことになっていたかもしれない。


<感想>
端歩を先についたけど定跡だと▲3七桂が先だったようです、こわくなって先に端歩からついてしまった。
さらに相手の対応によって攻めると損なので▲2九飛とすすむはずなんだけど、今回は相手が間違えていたらしいので▲4五桂~▲5五銀までいけたようです。
また定跡みなおさねばね。 3日くらい連続でならべないといけないんだけど
いまはやる気がしません(^^)/
相手が定跡通りだったらかなり困ってたはずなんだけどしばらく指してないわたしより先に間違ってくれて助かった、このレートではまだまだ振り飛車側でも定跡を使いこなしてる人はすくないのかもしれない。
中飛車 | Comments(0) | Trackbacks(-)

激指3段と飛車落ち

本日1勝3敗
だめですね~
上達が見られません。

詰将棋は上達してる感じがあるんだけどな~
実戦から遠ざかるとダメってことか。

でもレートは下がってないから週1対局も効果があるといえるのかもしれない。

早くやるき出せよってことなんですが
いまは読書に夢中。(*'▽')


<飛車落ち激指3段> 






飛車落ち | Comments(0) | Trackbacks(-)

激指3段と飛車落ち

本日2勝2敗 ○●●○
まだまだですねぇ、
最初に間違ってくれる油断モードで勝ちをひろえたあと2敗してしまいました。

小駒の攻めが異常にうまいので美濃を攻略できないうちに押し切られてしまう。
そこで小駒で攻められないように拠点を取り除くような指し方をしてみたところ、
それをきっかけにぬるぬるっと避けられてカウンターを食らって負けた。
それに気が付いて他のところを攻めて機会を見て拠点となにかの両取りを仕掛けるとかなり無理をしてくることがわかった、

激指の思考は拠点を取り払われると慌てるらしい。
だから何だといわれると返す言葉もないんですがね。

<飛車落ち激指3段> 






飛車落ち | Comments(0) | Trackbacks(-)

24R戦 vs 力戦

楽に勝てて反省もないんだけど
うれしいから載せる。

<24R戦 vs 力戦> 反転盤









図1.
2016-08-12d.png
相手はこの飛車引きが銀にあたるのを読みに入れてなくて完全にまいってしまっていた。


図2.
2016-08-12e.png
投了図、これまた銀にあたってどうしようもない。


<感想>
3四に銀が進出してくる形はそれほど中飛車なら怖くないとおもっていたのが良かったようなきがします。
本譜は飛車先がうまく突破できるところまでいったけどそうならなくても歩損はするけど囲いが完成していくので相手の手損が大きいとみていた。
この貯金の無いところで楽に勝てたのはラッキー(^^♪
力戦 | Comments(0) | Trackbacks(-)

24R戦 vs 中飛車

先週の対局。今月の初戦。
相手は中飛車で初級のころよくやられていた戦法だったからなんとかできそうだったんだけど
相手の攻めを受け間違えて負け。
受けの弱さが露呈してしまいました。

<24R戦 vs 中飛車> 反転盤









図1.
2016-08-12a.png
ここでいい手を指せればというところ、で、3分考慮の末いい手を指せた。
パッ見で△5七歩でしたがそのあと金を避けて△5六銀と出ても▲5五歩と止められたりしてうまくつながらない、△5六銀と出たいけど▲5七歩でおいかえされてダメ、そこで△3三桂と力をためて△5四銀▲5三歩△4五銀を用意した、これは良かった。


図2.
2016-08-12b.png
ここでいい受けをしたかった、が、指したのは平凡な受け。 悪くはなかった。
ここは飛車を取ったあと△4四金▲同銀に△4二銀打 が良手だったそうです。 
こういう手がうかぶようになりたい、(/_;)

図3.
2016-08-12c.png
大悪手、図2で差をつめられて、ここで悪手をはなち逆転負け。
だいたいこういう手は悪手。 ただ、ここで相手に迫る速い手がみつからなくて中途半端にかんがえていた受けの手を指してしまったというところ、と、いうわけでこれが実力。
対応すると絶対損なのだから△4六角とか△5六銀とか△6五角とかまにあわなさそうな手を指したほうがまだよかった。
激指おすすめは△1五角打。


<感想>
反省がいっぱい、だけど図1の手を考え出せたのはよかった、図2のところで受けの手がしっかりさせるようになったらかなり強くなれそう、将棋あんまり指してないけど将棋番組はちょくちょく見ているので中盤の考え方がちょっと良くなっている気がする。

中飛車 | Comments(0) | Trackbacks(-)

激指3段と飛車落ち

まだノルマだからやるという日々が続いてます。
決めてなければやらなかったな~、でも詰将棋はモチベーションが上がろうが下がろうが毎日やれるほど好きなのでその他のこともなんとか続けていられる。
続けてればどこかで突破口が開けると思ってます。

飛車落ちは1勝1敗。
まだ上達が感じられない。 1勝できたのですぐ止め。
二枚落ちのときはもっと速く読みの能力が上がるとか定跡を覚えるとかですぐ勝ちやすくなったんだけど飛車落ちはなかなか勝ちやすくなったというところまでいきませんねぇ、
理想としてはささっと10局やって7勝3敗くらいになりたいんだけどそこまではまだまだかかりそう。


<飛車落ち激指3段> 






飛車落ち | Comments(0) | Trackbacks(-)

7月の詰将棋

9手詰をやりはじめて3か月
9手詰の繰り返しのベースになる問題は250問まで増えて、繰り返して解いた回数は2000問
3か月でどうかわったか、


<今月の変化>
とくになし。


変化はということで考えると書くほどのことはない。
なんとなく9手詰を脳内で解くときに脳内将棋盤の性能が上がってる感じはあるけど変化というほどではない。
9手詰をとくときの正解率は少しあがったけど記録をとってないので正確にはわからない。

なので効果は出てるけど指将棋で強くなるとか飛車落ちで勝ちやすくなったとか目に見える効果は無く、書くほどではないという感じ。
でもちょっとずつ上達があるようなので
来月か再来月あたり解くのが速くなるとか効果がちゃんとでるような感じはする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。