下手でもいいんじゃない

将棋で遊んでいる人のブログです
2015年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2015年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年05月
ARCHIVE ≫ 2015年05月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2015年05月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

レート推移

今月は少なかったな~。
前半ゴールデンウィークで後半忙しくて。

ちょっと将棋熱が冷め気味でノルマの詰将棋ばかりやってるような感じになりましたけど
将棋って名人戦があったりNHK杯を見れたりするのでなんか冷めきらない。
NHKの後手番で角交換を居飛車で避けた菅井さんの戦法、あれをやってみたいな~なんて思ったり、
激指し6段二枚落ち戦で勝てるようになったりしてるのでまたすぐ機会があったら将棋熱があがりそうです。


<月毎のレート推移>
 6戦 4勝 2敗 レート546→578 2015年5月
12戦 8勝 4敗 レート482→546 2015年4月
 9戦 7勝 2敗 レート402→482 2015年3月
 1戦 0勝 1敗 レート418→402 2015年2月


 3戦  3勝  0敗 2014年 9月 レート 373→418
 2戦  0勝  2敗 2014年 3月 レート 401→373
 3戦  0勝  3敗 2014年 2月 レート 450→401
10戦  6勝  4敗 2014年 1月 レート 423→450
49戦 25勝 24敗 2013年12月 レート 402→423
15戦  8勝  7敗 2013年11月 レート 390→402
59戦 37勝 22敗 2013年10月15日~11月 9日 レート 200スタート
トータル 169戦98勝71敗
スポンサーサイト
レート推移 | Comments(0) | Trackbacks(-)

激指し6段と二枚落ち

先週も今週も忙しくて将棋は全然やってませんが、
先週ちょっとなんか気づいたというか。上達したかもしれない。

今日は二枚落ち戦で3戦1勝2敗、
やっぱりなんか勝ちやすくなっているきがする。上達したかな?

まぁ対人対局と違うので指し将棋の上達とイコールではないですが最初に6段と指し始めたときよりもかなり上達している、もっといえば最初4段と指して負けているわけだから、塵も積もればてきにかなりの上達になっているんじゃなかろうか、というか、そう願いたい。

6段に勝てるってなったらどうしようかな、7段はなんか時間かかるみたいだからまた最初にもどってこんどは香落ちで激指し矢内さんとやるか。

<激指し6段二枚落ち>








57手目、初めて激指しに27秒も考えさせた。
これはすごいことなんです。 いや、ほんと。
二枚落ち | Comments(0) | Trackbacks(-)

激指し6段と2枚落ち

今週は前半は良かったんだけど後半かなり頭を使うことばかりでまったく将棋のことを考えられませんでした。
詰将棋のノルマをぎりぎり締め切り一杯までやって寝るみたいな週の後半4日間。

今日も忙しいのですが二枚落ちもノルマなのでやるという感じなのでまったく勝てる気がおきないどころか勝つ気が起きない。
5戦していい棋譜も残せないまま、頭が働かずだるい感じ。
そんな状態でしたが最後穴熊に囲ったのをみて強襲、それがなんと成功して勝てちゃいました。
でも内容はダメですね、二枚落ちで穴熊に組ますのは必勝法ですがそれで勝ってもダメです、自分のためになりません。
今日の用事を済ませたらきちんとむきあって戦おうかな。

しばらくは上達をしようとかんがえずノルマの詰将棋解いて終わりそうです。


<激指し6段二枚落ち>







二枚落ち | Comments(0) | Trackbacks(-)

24R戦 vs 三間飛車

三間→四間という戦法は始めて見ました。
四間→三間というのもあるし、いろいろありますねぇ。

R600になってくると簡単な13手詰を間違えてはくれません、気持ちよくまけましたよっと。

<24R戦 vs 三間飛車>








図1.
2015-05-20a.png
三間から四間に振って2スジの突破を許して攻めあうという乱暴な戦法。 
一手損もしてるし無理だろうとおもったんですがしかし、なんと、2スジを突破した時点で互角。 相手はこれをしっかり研究してあったわけです。

図2.
2015-05-20c.png
▲2一飛成から龍を作った時点で後手有利。 この角打が後手の狙い、金寄で受ける形がかなり苦しい。

図3.
2015-05-20b.png
金銀と歩角の交換でさらに先手陣ぼろぼろ、飛車の進出を抑えるために歩も使いきりました。

図4.
2015-05-20d.png
相手の悪手からなんと先手が持ち直したのですが、ここで読み間違い。 ▲2二飛打△6二金寄の勝手読み。 △5一歩打で寄せを難しくしました。

図5.
2015-05-20e.png
後手の攻めは遅そうだしト金がまじってるのでつきあうと負けると思い攻めあいの▲3四桂。
これが悪手でした。
▲5四桂だと取られてなんでもないという判断でしたが▲5四桂に△同歩だと▲4三歩成が効いた。
手を稼ぐ攻防、手抜きの有無、読みが足りませんでした。


<感想>
まず序盤定跡でリードされたのですが、そのあとうまく形勢を戻せたのが良かった。
しかし一手のミスで負け、一見普通の桂跳ねでしたが取り戻せないミスになっていたとは。
考慮が足りませんでした。

でも前ほどR600近くとの差は無さそうなので上達してるようですかね。
三間飛車 | Comments(0) | Trackbacks(-)

24R戦 vs 矢倉

ひさしぶりに将棋ブログをあちこち覗いたら、半分以上腐海にのまれてました。
将棋の勉強って地味ですからねぇ
学校の勉強並みに地味で単調で継続しなきゃ上達しない気がします( 'ω' )

わたしはだいぶ上達に時間かかってますが好きなところから手をつけてるので続いてるかな、中級タブにもあがれたり下がったりで刺激もそこそこあるしw

中級タブに入ってレートが580になると相手の雰囲気が変わる気がします。
すべての手に対する読みが深くなるからかな?

<24R戦 vs 矢倉>








図1.
2015-05-19a.png
△8五歩まで突いてしまうと桂跳ねが無いから単調になる、っていうのがなんとなくわかるようになった。
桂跳ねが無いぶんよみやすい。

図2.
2015-05-19b.png
玉の入城は迷ったんだけど銀角を持ち合う形に優劣は無いと思ってやってみた。お互い早囲いって初。

図3.
2015-05-19c.png
すぐに棒銀で銀角交換に来るとおもったら自信が無いのか桂跳ね。 この桂跳ねがたぶん疑問手だったんだと思う。
跳ねた桂の活用がなかなかできる形ではないので狙われやすい。 銀角交換をして▲8三歩打△8八飛みたいな展開でお互いに攻めながら隙を伺うのが本筋だったのかもしれない。

図4.
2015-05-19d.png
▲5一角打は手筋、この角を追うのは▲8三銀打があるので難しい、お互い様なんだけど先着できるぶんこの時点で有利だったかも。
本譜、ひっかかってくれて△6二銀打▲8三銀打△同飛▲6二角成

図5.
2015-05-19e.png
駒損の無理攻めから詰まない形、考慮時間をここで2分つかえたので必至にできそうな局面、▲3二金からの即詰みはあったとしても読めそうにないのであきらめて本譜▲6四角打、いいところでいい時間が残っててうまく使えた。

<感想>
自分と相手の形からどこをどう攻めるのか守るのか、呼吸みたいなものがあるっていうのが少しわかってきてるようなきがします。
自分だけ攻めて最後まで攻めきるのは無理ってわかってきたw

そして最高レート更新ですよ!
矢倉 | Comments(0) | Trackbacks(-)

24R戦 vs 中飛車

なんか中飛車率高い。

今回は中飛車をいつも見直すときに急戦に来たらどうしようと確かめていたのが役にたちました。
やっぱり詰将棋よりも定跡と研究があったほうが勝ちやすいんでしょうねぇ。
それでもわたしは詰将棋からやるけどね。


<24R戦 vs 中飛車>








自信の無いところも自信ありげに時間を使わずパンパン指していきました。
攻められるだけじゃなく攻め合えるなら文句無しという感覚がようやく少しわかってきたかも。


図1-1.
2015-05-18a.png
この銀上がりは対局で2回目だったとおもうけど激指し12には定跡で入ってない手、
中飛車の玉が薄いのを攻めず居飛車が黙って駒組みしていると不利になるみたい。

図1-2.
2015-05-18b.png
前に対局したことがある5四銀でこの形は研究してあって、▲1五角打が受けづらいという研究結果。

図2.
2015-05-18c.png
ここまでくると人間なら△5六歩と突いてきて角交換まですすむということはわかっていて、以前は角をこの時点で持ち合うのが嫌だったけど今はもう慣れてきた。
読みに角交換があらかじめ入っているぶん強くなったかも。

図3.
2015-05-18d.png
この飛車をあわせるのが対局中は良い手だと思ってたんだけどこれが実は悪手。
△6二玉とかわされてこちらからの飛車交換は相手の銀が伸びてくる。
本譜は△5七歩打▲同飛△同飛成▲同玉と読みどおりすすんだ。

激指し推奨は▲5七歩△3六飛▲5五金 こりゃ読めんわな。
次善手が▲4六銀 
▲4六銀は見えるようになりたい。

図4.
2015-05-18e.png
▲5三歩打というのがわれながら好手でした、受け間違えてくれて終了。
詰将棋効果でなんの不安もなく飛車を切れたのは気持ちよかった。

<感想>
完全に研究の成果でした、研究がなかったら絶対無理だし相手のやりたい形で進んでしまうんでしょう。
だから中飛車が人気なのかな。
でも▲3五歩△同歩▲2五歩△3六歩が気に成ったのでまた調べなきゃだ。
ありえそうな急戦は調べておくべきですね。
中飛車 | Comments(0) | Trackbacks(-)

激指し6段と二枚落ち

今日は1戦1敗でこのあとも二枚落ちを指す予定ですがなかなかいい棋譜だったのでUP
最近対局で手数計算が少しできるようになった実感があって
すこしだけそれが激指し6段に通用した気がしました。

<激指し6段二枚落ち>








最初の仕掛けが不用意でした。
飛車角を利用して圧迫しながら相手のスキを突く作戦でいくのがやっぱり勝ちやすいし二枚落ちはそうするべきか。


なかなかいい攻防でしたが
見逃してた桂の活用から攻めの手段を見えなくなり、下がる前に横に飛車を動かして歩をうたせたら、その歩が拠点になって自ら首をしめてずるずるとやられました。
手段を失ったところでしっかり手をつくらなきゃいけなかった。

ほ~んと
難し ┐(´ー`)┌

二枚落ち | Comments(0) | Trackbacks(-)

24R戦 vs 中飛車

始めて1ヶ月目くらいで相手が振り飛車なら全部穴熊にすれば勝てるだろ~~
なんて甘い考えを持っていたころが懐かしい。

中飛車には最近だと急戦調のときは船囲いで、組めそうなときは銀冠、けれど今回は穴熊にしてみました。

<24R戦 vs 中飛車>








図1.
2015-05-14a.png
角道を止めて銀の進出もないので穴熊に。

図2.
2015-05-14b.png
この歩が疑問手だったように思う、玉の守り駒で争点になると玉に近いし角道は通るし。
さらに銀桂交換をしたときに▲6四桂打が痛すぎるし、そうなったし。

図3.
2015-05-14c.png
図2から▲5五歩打△6六歩▲同金△5四歩打▲4六角△6五歩に▲同銀
都合のいいほうの読みがあたった。
銀桂交換で角道も通って先手がかなり優勢に。

<感想>
今回は相手の方が囲いが薄い上に無理攻めだったかな。
うまく相手の攻めを逆用できたきがします。
またこれで中級タブになったよん。( 'ω' )

中飛車 | Comments(0) | Trackbacks(-)

激指し6段と二枚落ち

二枚落ちをやっているうちに定跡がそうだったから銀を並べて使うようになりましたが、これ、銀多伝という戦法なんですよね。
3週前くらいだったかな、NHK杯で銀多伝のことを解説してて、銀の縦並びがいい形だと。
それでやっと気がついた、あ、これ、銀多伝だと。
将棋を始めたころはただ銀が横並びしてるからってなんなのさとおもってたんだけど
いまはこれがいい形だとわかるようになりましたよっと。


激指し6段と二枚落ちをやってたけど5戦1勝4敗ってところ。
これは勝った棋譜。
やっとちょっと勝ちが見えてきたよ~ん。

<6段二枚落ち>








さっそく意識して銀を縦に2枚つかってみてます。
これに慣れればまたひとつ強くなりそうですね。
二枚落ち | Comments(0) | Trackbacks(-)

24R戦 vs 4五角戦法

激指しで相手を居飛車にして初手からやるとだいたい4五角戦法になるせいで何局も指してたから自信があったんですが
さすが24、勝ちやすい4五角戦法というのを熟知してるようでした。
うっかりというか、これは仕方ないな~

わたしのターンだとおもったら相手のターンだったみたいな。
そしてまたしても短い中級タブでした。


<24R戦 vs 4五角戦法>









図1.
2015-05-10a.png
居飛車等宣言!さんの定跡で勉強して馬を引くところまでは覚えていたのですが中途半端に覚えていてもダメなところでした。


図2-1.
2015-05-10b.png
本譜▲8二歩打がとてもよさそうに見えたのですが本譜△2五香打一手で奈落の底に落ちました。

正解は、▲3六香打の一手か

図2-2.
2015-05-10c.png
4五角戦法は自分の手番だとおもったらまずは▲4六香打が角道を止めるいい手になりやすいか。

<感想>
激指し対局でさんざんやった4五角戦法は△8三銀打ではなく△3三桂なのでまるきり手探りになってしまいました。
この銀打定跡は深くまで覚えてなかったけど馬を引いて効かすところまでできれば負けないと思っていたんですがそこからもまだ難しいとはね。
やっぱり人間とたくさん対局しないと定跡がスッカスカ。 
まだまだこういう負けをたくさんしなきゃですね。

横歩 | Comments(0) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。