下手でもいいんじゃない

将棋で遊んでいる人のブログです
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 角交換
CATEGORY ≫ 角交換
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

24R戦 vs 角交換

将棋をやり始めた当初角交換は得意戦法だったし、得意にしてやろうとおもっていた戦法だったんだけど
初心者がやるとしっちゃかめっちゃかになると思って避けるようにした。
で、最近また手順を変えてやってみたんだけど全然ダメ。
レートが高くなってから手順を変えると穴だらけで使い物にならない。



< 24R戦 vs 角交換> 反転盤








図1.
2016-05-16a.png
後手をもっていて桂跳ねてなければ仕掛けは成立しにくいだろうとおもってた。
こういう仕掛けが最後どのような感じになるのかわかってない。


図2.
2016-05-16b.png
桂跳ねてないから仕掛けづらいとおもっていたのにみずから桂を跳ねるという悪手。
しっちゃかめっちゃか。
この桂跳ねまでは互角だったのにこれで形勢マイナス500。


図3.
2016-05-16c.png
跳ねた桂を狙えば手がつくれるので簡単に相手の思うつぼ、一方的な展開で負け。


<感想>
角交換はいまのレートではとても使い物にならない。
NHK杯でプロの手を見てたらできそうなきがしたんだけどなーw
経験を積めば読みの力は上がってるので何とかなると思う、
しばらくは仕方ない、適当に調べて経験がたまってきたらしっかり勉強しよう。
スポンサーサイト
角交換 | Comments(0) | Trackbacks(-)

24R戦 vs 角交換

横歩対策に△3四歩としたとたんに角交換。
まだぜんぜん角交換まで勉強がおいついてないんだよぉ~。

まったくやってない勉強もおろそかな角交換では読みに時間を使いすぎて最後の大事なところで時間がたりなかった。
これから角交換も増えてくるだろうから見直さないと。

それにしても最後7手詰を詰みそうだと読みながら発見できなかったのが悔しい(/_;)

< 24R戦 vs 角交換> 反転盤








図1.
2016-05-12a.png
この局面にはいままでなったことがなくて対応が全く思いつかず。 7スジの歩を伸ばされるとあぶないので本譜△6三金と先受け。 ここで先に△4四歩が推奨手で打った角を3七に引かなきゃいけない展開にできて少し有利になれる手が発生してた。


図2.
2016-05-12b.png
図1で角に威張られてしまったため桂跳ねとの連動がきつい。 ▲8五桂と跳ねられると相手の手が止まらない。
4分考慮しての角打ち~仕掛け。 これは本譜うまくできたので非常に良かった。
しかし相手の方は強い、同角から▲4六角とまた打ちなおすような手を考慮無しで指してくる。 わたしの8四角を読んでたってことになる。


図3.
2016-05-12c.png
▲6五銀を完全に見逃してたんだけど実はこれがよかった。 飛車を追って後手有利。 相手も見逃してると思って銀を前に出したと思うけどこういうときって意外と危ない。


図4.
2016-05-12d.png
相手の人の最後の勝負手にやられた、詰みが見えていたけどこの手で読み直し、1分以内に詰まさないと負けという展開になり結果負け。 
桂を取ってくる手を読んでなかったのがダメなところ、当然読んでておかしくなかった。
たいてい上に逃げられると詰まないので▲7七玉と上にいかれない手から探してしまって思考ストップ時間を浪費。
他にも必至くらいまでの手ならあったけど時間がなく△同歩という悪手で終了。
くやしい(-_-;)


<感想>
角交換の序中盤を乗り切るのに時間を使いすぎてしまい最後余裕が無い状態で1手1手の終盤戦。
定跡を確認することが先決ですね。
詰みを逃したのは悔しいけどちょっと前までは確実に格上だったような相手に善戦できたのでよかった。

詰将棋でまた上達があったみたいで難しい終盤戦をうまくやれるようになってきてる。
上級にとどまれる希望がもててきましたよっと。
角交換 | Comments(0) | Trackbacks(-)

24R戦 vs 角交換

まったく将棋指してなくて、ノルマしかやってないぃ、
でも間を空けるとなんか新鮮な感じがあって楽しいな。
相手は角交換で最近まったく定跡振り返ってないからひどい仕掛けをしてしまった。 

ただ形勢が悪くなるのは目に見えていたので細い攻めをなんとかつなげようとしたのが以前とかなり変わったところ。
相手にすると一番嫌なやつをわたしがやった感じ、優勢なのに攻め味、攻め駒を残してくる。
受け間違えたらやられる。



<24R戦 vs 角交換> 








図1.
2015-12-22a.png
駒損がはげしいけど細い攻めをつなげたところ。 金が逃げても歩を取っても攻め味が残る。

図2.
2015-12-22b.png
相手が間違えたところ、飛車先を閉じていたのに開けてしまった。 
腕力はかなりついてるのでここから厚みができて勝ち。


<感想>
相手はこちらのあいさつもまたず即去り。 マナーは悪いけど気持はわかる。('_')
勝ってる将棋なのに、攻めをつなげてきて負けてしまうのはほんと悔しい。 また、こんなふうに反撃したくても玉が遠いのを見るとほんと「くっそー」って思う。
わたし自身こんなやられ方をすることが結構多いのでしっかりした考え方を持って勝てるようになりたいんだけど、これは形勢判断の問題なのかな。 
ソフトだと図2の桂成が間違いだと指摘してくるけど人間的にはその前になにかあったきがする。
NHKの解説で駒損してるからゆっくりしてたらなにもできなくされて負けますって言ってたんだけどゆっくりさせられてしまう手があったような気がします。
角交換 | Comments(0) | Trackbacks(-)

24R戦 vs 角交換

先後逆転角交換。
角交換はむずかしくてまだまだダメですが、なんとなく形になってきたようです。
しかし、いまのレートだと中盤確実に力が足りなくて今回も優勢になってから二転三転させてしまった。

序盤を無事に少し有利にすすませて中盤で負けて、
終盤で勝つっていうのがパターンになってきたなぁ。('_')

<vs 角交換> 







図1.
2015-11-06a.png
△2七香打▲3八飛と逃げた結果△2七角成が飛車に当たってしまった大悪手。 これでひっくり返った。
激指は△2七香打に▲8三香打。 飛車取りには飛車取りを見るようにしよう。 おぼえやすい。
先手の香打は▲8三香打△9二飛▲8一桂成で先手の角のラインが飛車に当たっているため後手の香打より厳しい手だった。


図2.
2015-11-06b.png
後手の大悪手。
▲3三銀打を△5二玉と逃げてしまったところ。 これで再度逆転した。 金をただ取りできたのが大きい。


図3.
2015-11-06c.png
いい手だったけど相手の読みが薄いのでこの香打が決まったんだと思う。 このレートだとまだこういう手をゆるしてくれる。
ソフトだったら絶対許してくれない、それを考えると週1の二枚落ち戦は効いているんだろうな。


図4.
2015-11-06d.png
詰将棋の活躍した部分。
桂が手に入ると詰みというのが5秒で読めたところ。 相手は桂を使って攻めてきそうなので自然に桂が手に入るように飛車をおとりしたら簡単にひっかかった。 なんとなくですが相手を嵌めるような手なので罪悪感がある。 正直絶対そうやるとおもってたのでそれ以外の手をよまなかったけどソフトだったら絶対に桂を渡さない手を指してくるんだよね。
なのでそれ以外の手を読まないといけないんだけど今回その手を読む努力をしなかったことが罪悪感につながってるみたい、舐めたことするとしっぺ返しがくるから次は読むようにしよう。

結果図 相手はおとりの飛車を取って5手詰になった。
2015-11-06e.png


<感想>
短手数の詰将棋で難解なものが一目になってきたことですさまじい効果が出てる。 この力が無い人はほんとおすすめ。
でもやっぱり中盤で簡単に負けるので総合力が弱いw

角交換 | Comments(0) | Trackbacks(-)

24R戦 vs 角交換

相手が角交換で攻めることができると想定していなかったw
いい勉強になりましたよっと。
小さい悪手を2回、相手も間違えて形勢を戻したあと大悪手で負け。
大悪手を放ったのに形勢を悪いと思ってませんでした、そのへんがなによりわたしの弱点だよな~。


<24R戦 vs 角交換> 反転盤 







図1.
2015-09-16a.png
うろおぼえで本譜△2四銀と指してしまいましたがやっぱり悪手。 激指しで調べると△4二金寄るで強烈な攻めを喰らいながらカウンターをするのがただしそうでした。

図2.
2015-09-16b.png
単純な狙いの▲3七角ですが非常にうけにくく、わたしの△6三金は悪手。 △7三桂で壁をつくっておくのが受け方でした。
相手の研究の手で普段こうやっているっていう感じがする。
しっかり対策を練らないといけない。

図3.
2015-09-16e.png
図2のあと大悪手を放ってしまい最後まだなんとかなるかもとあがいたところ。 
▲8五角が詰めろでそれを放っておいて△8七金、いい詰めろなんですが▲4一馬はすでに受け無し。
詰みそうだな~って思っててもまずは相手の玉を詰ますことから読んでいるのが間違い。
まずは自玉からって徹底しないといけないな。でもあきらめもあったな。でもあきらめちゃいけないのかな。


<感想>
横歩はめったに対局できなかったのに角交換はすぐでした。 上達のためにも同じ戦型で何度も戦って修正をかけたいので横歩はやめて正解のようです。
今回、相手が誘導してきた角交換で研究してありそうでしたが序盤で何か所もまちがえていて勝てない相手ではなかったとおもう、こういう対局がたくさんできたらどんどん上達しそう。
角交換楽しい。(*'▽')
角交換 | Comments(0) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。