下手でもいいんじゃない

将棋で遊んでいる人のブログです
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 詰将棋の効果まとめ
CATEGORY ≫ 詰将棋の効果まとめ
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

詰将棋の効果

詰将棋の上達でどんな能力が伸びるのか?
1年半将棋の勉強は9割が詰将棋のわたしがここまでで感じたのは2つの能力でした。
※更新しました詰将棋遭難者はどうぞ→ 詰将棋の効果その2

1.詰みがわかる。
2.脳内将棋盤

この2つがどう影響してくるのかわかりやすいように
その発達段階をまとめてみました。

☆詰将棋0~1万問 (5手詰1000問×10回ほど)



その1.
<詰むのか詰まないのかわからない。>
図1.
2015-07-20a.png
詰将棋をはじめる前、この局面でずっと考えていて結局なにもわからなかったのが印象にのこっているので載せてみました。
詰むかもしれないと思ってよみはじめますが3手で思考ストップ、何度も何度もループ読みをするだけ。
現在なら15秒くらいでパッと見とりあえず▲7一金△同金▲7三歩成△同銀▲8三金打でしょうか。5分考えてもなにもわからなかったのに今では15秒。 とんでもない違いだ。

その2.
<5手以内なら詰むのがだいたいわかるようになる>
5手以内なのでまったくやくにたたない。 低級でも5手詰を放置してくる人なんていないから。脳内将棋盤の精密さが増して強くなったと錯覚する時期。

その3.
<手筋を使えるようになる>
詰将棋でおぼえた手筋を終盤につかえるようになる、玉がからまないと手筋が使えないので限定的。詰将棋はかなりうまくなったはずなのにうまくいかない時期。詰将棋は5手詰に1分以上かかってしまうような程度。


☆詰将棋1万問超 (5手詰1000問×10回 7手詰400問×10回)


その4.
<手筋を使えるようになる2> 
その3からさらに上達すると脳内将棋盤が強化されて中盤でも終盤の入り口でも玉がからまなくても手筋を使えるようになる。
形勢判断がともなわないと意味はないけど読みどおりに5手ほど動いた結果うまくいくことが多くなる。
初心者を抜けたくらいの時期。

その5.
<詰みがみえる>
パッと見で詰みそうってわかるようになる、直感がはたらく、たくさんの詰将棋をした結果詰みそうな形がインプットされてなんとなく10手以上の詰みでもわかるようになる。 
しかし、詰まそうとするが力不足で詰まない、読んで時間を無駄にする。
自玉が詰みそうでも相手しか見ることができないので終盤うまくいったりいかなかったり。



☆詰将棋3万問超 (5手詰1500問×15回 7手詰600問×15回)



5手詰が熟達して7手詰も充実したきたころ。
効果が出ているのがいろいろ重複する。

その6.
<終盤がうまくなる> 
終盤にはいったときに寄せる手がうまくいくかどうかが半々くらいになる。 詰将棋で終盤が強くなる入り口。脳内将棋盤がまだ力不足なので7手先以降がぼやける、まぎれていてもわからない。
力不足がわからずもっとできるはずなのにうまくいかないと思っていた時期。


<中盤がうまくなる>
対局経験を重ねることにより形勢判断がともないはじめると詰将棋で鍛えられた読みの速さと脳内将棋盤がやくにたって中盤が強くなってくる。

<7手読むのが苦痛じゃなくなる>
駒がぶつかる前に7手くらいを読むのが苦痛じゃなくなる7手の手筋で相手を崩すことができるようになる。
が、全然足りない。 上級者や対局数が数千局という人は読まなくてもパッと見える。 対局経験や定跡の研究を重ねた人はたいていこの形は悪くなるなど第一感が働いてそれが正確なので読みだけではやっぱり勝てない。



☆詰将棋5万問超 (5手詰2000問×20回 7手詰900問×20回)


その7.
<7手先、10手先まで自然な駒運びをするとどうなるかを読んでその局面をみながら考えられる>
最初のころなら7手先10手先まで動かすのに1分くらいかかっていたけど現在は数秒。
その局面で静止させることができなかったのが静止できるようになり、ながめることで手を捜すことができるようになる。
その5ではたいして意味がなかった”詰みがわかる能力”がここで役に立つようになる、相手の応手を数秒で考えることができてその先の局面を眺められるので寄せが格段にうまくなる。


<一手一手の終盤ができるようになる>
これはまだまだ力不足なのですが、いままでは考えると時間がかかりすぎるか脳内将棋盤は崩壊してましたが考えながら指すことができるようになってきた。
相手に渡す駒が桂だと詰むからそれ以外で寄せるとか相手が○手で玉にせまってくるけどこちらは勝てるかとか、敵玉と自玉の手数計算と駒の出入りを考えて指すことができるようになってきました。
たぶん、詰将棋をやり続ければさらに強化されていくと思う。



☆詰将棋6万5千問超 (5手詰2000問×23回 7手詰900問×23回)


難しい5手詰(ハンドは簡単の部類、詰パラのTry everydayくらいの難度)ですら一目でできるようになってきて、7手詰も一目が増えてきたころ。

その8.【終盤】
<対局で出てくる簡単な詰将棋が長くても瞬殺。> 5手詰7手詰しかやっていなくても長手数の詰将棋が瞬殺になってくるので終盤で他の普通の人と大差の能力になる、5秒で13手詰を詰めてるけど相手は30秒以上かかる。 そういう違い。


<寄せは習わなくても経験でどんどんうまくなる。>
寄せは詰将棋に付属してるようなものなのでガツンガツンうまくなります。 寄せの勉強をしても結局詰将棋の力が必要ですが詰将棋の力があれば寄せは自然に覚える。
例えば、手が広い局面で候補手が4つくらいあったとしても玉を逃がしてしまうような手はすぐ読める。 候補手を絞り込むのに総数40手くらい読むのも30秒程度で正確に読めるのでかなり正確な寄せになる。
 囲い崩しも経験を積めば自然に覚える。 詰将棋と同じようなものなので経験で覚えられる。 対局後一番いい手がなんだったのかはソフトがあればほぼ間違いなくわかるので対局を繰り返してれば同じような局面になり覚えていく。



☆詰将棋9万問超 (5手詰2000問×30回 7手詰900問×34回 詰パラ Try everyday! 5問×100日)


<相手の読みを上回る詰みが多く発生する>
ここまできて初めて相手が読んでいない詰みで詰めることが頻繁に起こるようになる。
詰将棋をやってなくても将棋が強い人は終盤絶対に損の無い手(最善ではなく)を指すがある程度せまると当然詰将棋が発生する。 それを読み切るのを詰将棋オタクは得意にしてるのでそこで差が出る。
相手玉に迫ったときに詰みが発生していて受けるのが当然と思って読んでいるが相手が読めてなくて「あ、勝っちゃった」ということが増える。 


<受けが正確になる>
自玉への詰めろがどの程度危険なのか何手余裕があるのか正確に短時間で読めるようになる。 手遅れになってから読むことが多かったのが読む速度と深さが広がっているため手遅れになる前に受けるようになる、その経験を積むことでさらに受けがうまくなる。


☆詰将棋12万問超 it's New!
(5手詰2000問×?回 7手詰900問×?回 9手詰500問×12回)


9手詰ですら一目が増えてきたころ。 復習している5手詰2000問は5秒とか、
簡単なものなら一目だが難度による。 難しい部類だと1~2分かけて7割解ける程度。ここまでやってもそんなもん。

<中盤の手が良くなる>
詰将棋なのに中盤の手がよくなる、9手詰をやり始めてから格段によくなった、対局も同時進行でやってないと上達しないけど週1程度の対局で上達する。 中盤互角なら終盤で圧倒的に勝てることが多くなった。
5手より7手、7手より9手、やればそれなりに上達がある。

※9万問から12万問でそれほど効果は出なくなってきた、しかし基礎力の速さと正確さは上がり続けている。棋力の伸びも同じようにあるので週1程度の対局をしていれば詰将棋の上達=棋力UPになるのかもしれない。


<速くて正確になる>
現在のわたしでパッと見で考えられる手数がだいたい3手、1秒で5手、2秒で7手、9手になると5秒以上かかる、低級者は何も考えてないが上級者は速いのに考えてある、定跡を外れたあと、相手がどの程度考えた手を指したかという争いになるとき詰将棋で鍛えた速さと正確さが役に立つようになる。

※5手では無かったが7手詰をやりはじめて速くて正確というのが目立ってきた。9手になってそれがさらに上がった。


※12万問という問題数はあくまで参考程度にしてください。 
最近気が付いたけど集中してやれる時間にどれだけできるかが重要で、だらだら1時間で150問やるよりも完全な休憩をいれながら10分で50問を2回のほうが効果があるぽい。それを考えると解いた問題数ではないということになる。


※詰将棋を始めた月から毎月どのように変化したかも書いています→
毎月の詰将棋の効果

※詰将棋が好きだけど上達しない人にアドバイスを書きました、低中級者の人になら役に立つかも。
アドバイスを求められた!

※注意!!
わたしは詰将棋が好きになってやってるうちにこればかり続けたらどうなるんだろう、ブログで記録とってみようと強くなるためというよりも興味でやってます。
脳内将棋盤や読みの能力は定跡でも対局でも伸びるので何万問というのは詰将棋だけで能力を伸ばした「わたし」の場合の数値です。 対局で強くなると詰将棋も勝手にうまくなるのでこれを読んでくださっている方にあてはまるとは限りません。

スポンサーサイト

詰将棋の効果 その2

詰将棋が楽しくなっちゃって5手2000問 7手900問 を繰り返し11万問やった結果得られた情報をまとめておきます。



①詰将棋の効果

<終盤力>
 詰将棋は終盤力を上げる効果はたしかにあります。 しかし直接終盤力があがるというわけではなく詰将棋力があがると自然に終盤力があがります。

相手玉を寄せるとき詰みが発生する局面を読み取れますのでたくさんの詰みが発生して防げないポイントに誘導します、そのときに詰将棋の力が高いと速く確実に駒損せず寄せることができます。

しかし、終盤がうまい人ほど受け方がうまくて寄せるのを難しくしてきます、お互いに難しくしながら相手を寄せる、それが終盤力です、詰将棋が強くてもこの終盤を何十回も経験しないと強くなりません、
詰将棋がつく→終盤を考えやすいので経験により終盤力がつくという関係になっています。


<読む力> 
まれにですが読む力が伸びます、対局で読める手数が伸びれば伸びるほど速ければ速いほど勝ちやすくなります、その読む力が詰将棋を続けてると数か月に1回強化されます。
読む力はある日急激に3日くらいかけて力が上がっていきなり勝ちやすくなり、さらに3週間くらいかけて定跡などもあらたな視点が見えて理解が深まり今度は棋力(レート)が上がります。

※わたしは詰将棋で読む力を上げましたが定跡勉強でも対局でも他の勉強法でもこの力は上がると思う、わたしはおっさんで半年以上かけて1回くらいしか上がらないけど若ければもっと早く上がりそう。



②詰将棋の上達について

<繰り返しやるのと初見>
詰将棋の効果を得るには詰将棋をたくさん解くことですが同じ問題を繰り返しやることでも上達します。
初めて見る5手詰の詰将棋を10秒で解く、一目で解けるようになるまでには繰り返しを2年ほどやってようやく一目で解けるようになりました。初見を一目で解くのはそれほど難しいことです。
まずは繰り返しやったほうが初見の問題を集めるより効率がいいです。

※よくブログでこれくらいは一目で解けないと、と書いてたりしますが非常に高いレベルのことなのであまり気にしないほうがいいと思います。


<詰将棋と定跡と対局> 
読みの力と関係してると思いますが 対局や定跡勉強をたくさんやったあと詰将棋をやるとあきらかに上達していることがある。 詰将棋やらない人でも指し将棋が強くなってれば詰将棋もできるようになっている。 相互作用がある。
なので、詰将棋をやってなくても終盤も読む力もつけることができる、詰将棋はお好みで。


<5手詰 7手詰 9手詰 の効果は違う>
ざっくりですが 1・3・5手詰は基礎 7手が応用 9手より上が実戦
5手詰は基礎で、できるようになったからといって指将棋で勝てるようになるわけではなく、相手玉を詰められるようになるというもの。
7手詰は応用で、まだまだ基礎に近く、対局中だと相手がなんとなく詰みそうと思っているか詰みとわかっている可能性が高いです。
9手詰からが実戦で、相手が詰みそうと思っていないのに詰めることができたり相手は詰まないと思ってるのに詰ますことができたりします。
なので大事なのはやっぱり5手→7手→9手の順番になるとおもってます。


③棋力を上げることについて
ある程度やると(将棋歴1~3年)伸び悩む人が増えてくる、そのときに詰将棋を選ぶ人は結構おおいみたいだけど詰将棋はすぐには効果が出ないです。
ただ、ずっとやり続けてると速さと正確さが徐々にあがるのでその力が一定以上になると棋力につながるようです。
速さ 正確さ 定跡力 経験 などいろいろな要素が棋力になると思うのですが経験だけでは何千局も指してる低級がいっぱいいることから頭打ちになるのは間違いない、
いろんな上達の仕方があるけどその中でずっと詰将棋をやり続けるという選択は簡単で良い選択なんじゃないかと思う。


※これらはわたしの体験結果です、効率よくやりたいっておもうのであればこの情報が役に立つかもしれません。
ただ、詰将棋は楽しめるかどうか個人差があるみたいですし、アマチュア3段程度までならどんな方法でもなれるそうです。

将棋初心者が1月~12月まで詰将棋ばっかりやってみた

・・・ふと・・

・・・おもった。


ブログ開設1周年だ。

将棋歴 1年3ヶ月。
詰将棋歴 11ヶ月。


詰将棋をまるっきりの将棋初心者、本将棋経験200局以内、で3手詰すらできない状態から

本も買わず、3000円で買った激指し10とネットに落ちてた詰将棋だけ。
激指し10も最近のことですし、詰将棋はじめてからは本将棋は10局くらいしかやってなかった。

最近激指し12も買ったのもあって詰将棋だけでどうなるか人体実験が途切れそう、
これからちょっと将棋時間の本将棋率もあがりそうだし書くならいまかなと。


詰将棋だけで上がるスキルはなんなのか。



<わたしの感じる詰将棋の効果>
1.読みが正確で速くなる。
 どこまで速くなるのかわからないがいまだに速くなっている。必然で直線の変化なら数秒でできるようになる。

2.脳内で進ませた駒をそのまま維持できる。(脳内将棋盤)
 数手先で止めたまま手を捜せる。そのおかげでなんどもループしてしまう返り読みが無くなる。

3.手筋をいつのまにか大量に覚える
 手筋の本を読んでみるといつのまにかほとんど知ってる。身についていなかった手筋がいつのまにか身につく、苦手な問題はその手筋ができないということなので簡単にできるようになったときに自然に身につく。

4.ふりほどけない詰めろをかけられるようになる
 読みが正確なので詰めろをかけた結果の盤面を脳内でながめることでつっこみすぎた上に詰まないってことが少なくなる。

5.詰将棋の初手がわかるようになる。(第一感)
 とても不思議なんだけどそうなる。初見なのにできるようになる。おそらくこれが第一感。

6.詰めに関しての無駄な手を読まなくなる。
 詰まない手は読み進めて詰まないとすぐわかるのでそのスジをずっと読んでしまうということが無くなる。前は詰まないスジをいつまでも読んで時間を無駄にすることが多かった。


<やってみてわかったウソホント>
1.5手詰ができないなら7手詰やってみるといい。7手詰ができるようになったら5手詰が簡単になってるから。
 ウソ、5手ができなくて7手やると時間ばかりかかって効率が悪い。7手を1問やるより5手10問。たぶん手筋を5倍くらいの速さで覚えれるからだと思う。

2.中盤には役立たない
 ウソ、脳内将棋盤や読みの速さ正確さはどこまでいっても役立つ。
 ホント、中盤の手筋、たとえばたたきの歩とかあわせの歩とかがすっぽり抜けてるので普通は思いつくことが詰将棋だけだとできないことがある。

3.詰将棋のせいで詰めろをかけて大駒を切ってつっこんで詰まなくて負けた。
 ホント、中途半端な詰将棋力だとそうなる。やり始め1ヶ月くらいは調子にのってそんなだった。
 ウソ、詰将棋力がつくと見えるまで突っ込まなくなる。よみきれてなくても逆転を狙って突っ込むことがあるくらい。

4.3ヶ月やると or 1万問やると効果が出る。
 ホント、効果は出てるけど1万問で特別詰将棋のおかげで強いってことはない。
 ウソ、わたしが思うに詰将棋の効果は2万問超えた10ヶ月目あたり、3つくらい選択肢があっても3手~5手くらいの変化が一瞬になることが多くなるので詰みまで見えるのがとても速くなる。これも通過点で3万問や5万問になると7~9手くらいの変化が一瞬にかわるかもしれない。というかそうなるよきっと。


<詰将棋だけだとまったく完全に足りない、すっぽ抜けてるもの>
○形勢判断
 いいとおもってやった結果、思ったとおりになっても形勢が悪いということが起きる。
○序盤定跡
 プロがいろいろやった結果の暫定の最善である定跡は読みでなんとかなるものではないのである程度覚えないとダメ。
○呼吸
 こうしたらこうするもの。というなんかわからないもの。
○中盤の手筋
 歩を使って形勢を良くする手筋や、飛車先を遮断して間にある駒を取る手筋などがズッポリ抜けてる。

<書いたけど>
書いたけど、少ない実戦経験と最近の対COM戦での話しですので。現時点暫定で思うことなので暖かい目で見てください。

<期待>
詰将棋を続けることで調子の良い悪いの差がすくなくなるんではというのを期待してます。
実は、初段をめざしてますというブログを書いてしっかり続いている人ってほとんどいないんですよね。10人いたら成功する人は1人くらいの割合じゃなかろうか。調子よく棋力をあげてるっぽい記事を目にしてブログを覗くとほぼ腐海に飲まれてました。
そんな人の特徴としては1日に数局の早指し、負けた棋譜をふりかえらない、級があがると喜び落ちると悲しむ。調子が悪いことをよくぼやく、勉強量が一定じゃない、という感じでした、それと、人間性は素直が一番とかではなく、むしろ悪いほうが、、、あくまで文面からですが、性格が悪くてもひねくれていても、変わった人でも一定のしっかりした勉強をしてる人は棋力が上がってるようでした。w ひねくれてるわたしには良い情報w

 自分にあってるものはなんなのかわからないのでとりあえずでいろいろやったけど詰将棋がわかりやすかった。定跡はなにから手をつけていいのかわからないしどのくらいやったのかわかりにくかった。
詰将棋は上達がわかりやすくて30秒でできるとか10問やって8問できましたとか段階も5手詰、上がると7手詰とか、やった量と直結してるのが初心者にいいとおもってます。
それと数年かけないととても出来ない量の詰将棋が基礎としてあれば調子の良い悪いにかかわらず一定の棋力を保てるんじゃないかと期待してます。
そうだといいな。

<これからも>
おかげさまでこの将棋を趣味としようと決めた管理人ピータンが
下手でもいいんじゃない?楽しければ、
というぬるいスタンスでやっているこのブログは1年続いて
まだ続けられそうです。
これからもどうぞよろしく!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。